火災保険に加入するべきか!?火災保険のメリットについて

火災保険には加入した方が良いのか?

火災による損害は大きくなる傾向にあります。その理由は、家庭内には多くの燃えやすい物があるからです。例えば、カーテンや木製の家具、フローリングなどは、火に弱く燃えやすい性質を持っています。結果として、火種が小さかったとしても全体に広がってしまうのです。そのため、火災保険に加入して備えておくことは重要です。もし、家が全焼してしまった場合、新たな住居を用意しなければなりませんし、今までのローンも払っていかなくてはなりません。そのため、補償を受けられるかどうかで、その後の生活が大きく左右されます。

延焼被害にあう可能性もある

そして、火災の発生は、自分の過失によるものだけではありません。近隣の住宅で発生した火が燃え移るという、延焼被害にあってしまうおそれもあります。この場合、相手に重過失がなければ損害賠償は請求できません。なぜなら、失火責任法の規定が存在するからです。そのため、自分の方で火事に備えておく必要性も高いのです。また、火災保険は、消火活動による損害についても補償してもらえます。例えば、消防車の放水により、水浸しになってしまった場合の補償などです。したがって、加入しておくメリットは、大きいと言えるでしょう。

火災保険の補償範囲で保険料は異なる

火災保険は、家の補償と家財の補償の2つから構成されています。ただし、必ずしも両方を補償対象とする必要はなく、片方だけを対象とすることができます。そして、補償対象を広くするとその分保険料も上がります。そのため、補償を受けられるということと、保険料を払っていくということの両方を考えて、補償対象を決めると良いでしょう。具体的にいくらぐらいになるかは、実際に見積もりを出してもらうことで判明します。したがって、まずは見積もりを出してもらうことから始めてください。

この世に絶対などということはありません。自分の家が燃えてしまったとき、保険に入っているのといないのとで、負担は全然違ってきます。もしものために火災保険に加入しておくこともよいです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。