弱い人を守る!弁護士は裁判で戦う戦士!!

弁護士バッチが持つ本来の意味とは

弁護士になると弁護士バッチが全て弁護士に渡されます。弁護士バッチは全国共通のデザインになっていますが、バッチの中央には天秤座のデザインが描かれています。この弁護士バッチに描かれている天秤座のデザインは、全ての人間に対して平等という意味が含まれているので、弁護士本来の姿勢をデザインで表しています。弁護士バッチは紛失しても再発行できますが、身分証明書と印鑑が必要になるので一般の人が気軽に弁護士バッチを持つことはできません。また、弁護士バッチは弁護士であるという身分を証明する役割も果たしています。

ドラマのように華やかな仕事ではありません

テレビでも弁護士を題材にしたドラマなどを放送していますが、実際の弁護士はドラマのように華やかな仕事ではないでしょう。実際の弁護士は依頼者との打ち合わせや裁判または、書類の作成など色々な仕事をしているので、実に忙しい仕事です。また、法テラスや弁護士会館などで行っている無料の法律相談にも当番で行っているので自分の当番がきたらイヤでもやる必要があります。このように実際の弁護士はドラマの弁護士のように、裁判でバンバン戦うといった仕事は稀です。

弁護士は法律に詳しいだけではできません

弁護士は法定代理人として依頼人に代わって法律的な行為を行うことができます。このような業務は弁護士以外の人には認められていません。一般の人はなかなか、裁判で自分の言いたいことを言うことができないので、弁護士が依頼人に代わって意見を述べます。依頼人の意見を代弁するので、法律に詳しいだけではなくて、上手い言い方ができないと依頼人の代弁をすることは非常に困難でしょう。ですから、弁護士は法律に詳しくて、口が立つ人だけが成功する世界になります。

鹿児島の弁護士は豊富な実績を生かして幅広い問題に対して、相談を受け付けているので法的なトラブルが起きた際には最適です。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。