どんな資格?司法書士について業務や取得方法を解説

資格を取得することで行える業務について

司法書士という資格の存在は知っていても、その資格を取得することによって、具体的にどのような仕事を行えるのかを把握していない人は多いです。司法書士の資格を取得すると、登記や供託手続きの代理などの業務を行えるようになります。それだけでなく、検察庁等の行政機関に提出する必要がある書類を作ったり、裁判所で行う事務手続きを代行したりします。他にも、裁判所によって選ばれる成年後見人などの仕事を行うこともあります。

試験範囲は非常に広い

司法書士は様々な業務を担当しますが、勤務する事務所によって任される仕事の分野は異なります。例えば、債務の整理を行っている事務所と相続登記業務を行っている事務所では任される仕事内容は大きく異なるのです。司法書士の試験では、それらに関する知識を総合的に問われます。司法書士試験に合格するには偏りなく試験範囲を全て学習する必要があります。研修を受ける時には、今後自分が働きたい事務所と同じ分野の事務所を選ぶといいでしょう。

専門学校で勉強するのが一般的

司法書士試験は資格試験の中でも難易度が非常に高いことで有名です。高難易度の国家資格の中においても、特に合格率が低いのです。そのため、合格するために非常に多くの時間を試験勉強に費やさなければなりません。独学で合格できる可能性はとても低いので、ほとんどの志望者は専門学校に通っています。試験は春に実施されるので、冬から通い続けるケースもあります。しかし、多くの場合は一年間のスケジュールを組んで通います。

司法書士の試験は難易度が高いものですが、専門の勉強をして試験の対策を練る事によって合格を目指す事が出来ます。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。