初心者は必ずテクニカル分析を勉強してからFXを始めましょう

トレンド相場とレンジ相場を見極める

FXのテクニカル分析で重要なのは、トレンドが発生しているか、レンジ相場かを判断する事です。トレンドが発生している相場では、トレンドフォロー、レンジ相場であれば指示線、抵抗線を利用したトレードをする必要があります。トレンド発生時の見極め方は、オシレーターを利用する方法が一般的です。オシレーターは買われ過ぎ、売られ過ぎを視覚的に判断できる優れものです。レンジ相場は同じ様な値幅を刻んでいる状態なので、初心者には適した相場環境です。

移動平均線を使いこなす

移動平均線は指定した期間の平均値をチャート上にプロットしたものです。移動平均線は湾曲したサポートライン、レジスタンスラインとも呼ばれており、エントリータイミングを計るインジケーターでもあります。指定する期間には、短期、中期、長期とあり、それぞれ役目も異なってきます。前述したエントリータイミングは短期線で行います。中期線、長期線はトレンドの方向を確認する指標に使われます。また、クロスした瞬間もエントリータイミングに使われます。

環境認識をマスターする

FXでの環境認識は、基本中の基本でマルチタイムフレーム分析とも呼ばれています。デイトレードの場合は、一般的に週足、日足、4時間足、執行時間足と落とし込んで各時間軸の値動きを分析していきます。各時間軸の分析で一番注目するのは、目立つ高値、安値になります。見落としがあると勝敗に大きな影響が出るので、時間をかけてじっくりと分析をする必要があります。FXでは環境認識を完璧にできる事が利益を出せるトレーダーの条件と言っても過言ではありません。

為替とは、現金以外での金銭決済方法のことです。現金を遠隔地へ送ると、盗難や紛失といったリスクが発生します。そのリスクを回避するために利用されています。日常でよく利用する例でいえば、銀行振込です。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。